FC2ブログ

ドラミンのビタミン

思ってること好きなこと書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
寒い。
まだ陽が昇らず、外はまだ薄暗い

マンションの4階から1階にあるポストへ新聞を取りに向かう。
寝巻きのまま取りに向かう。

ポストにたどり着くと
凍えて縮こまる人がいる
よく見てみるとそれは父だった。
私は驚き外へ飛び出す

雪が深々と降る駐車場で父に腕を掴まれる

「怖い人に追われているんだ。助けてくれ。」
父は必死だ。
よくみると彼の目は潤み睫は凍って白くなっている
泣いていたんだ。

放心状態でいると
遠くから怒り狂う男の声が聞こえてきた
父は私の腕を放し住まいのマンションへ走っていってしまった。


目が覚めた私はとても悲しくなった。
そして怖くて仕方がなかった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://doramin.blog11.fc2.com/tb.php/756-d077f876

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。