ドラミンのビタミン

思ってること好きなこと書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここはきっと鎌倉
人力車が走り過ぎていく
セロファンを一枚覆っているかのように
古くてぼやけてる

私は誰かと歩き辿り着く
そこには大仏があって見上げるほどに大きいんだ

大仏は鎌倉の大仏ではなく
奈良にある大仏のようだった


大仏、、、
スポンサーサイト
今日も月を見た
昨日も月を見た
ずっと昔も月を見ていた

こどもの頃
車から見える月がずっと
追いかけてきてくれているようで嬉しかった

ずっとそばにいてくれる月が大好き

君をみてるとお団子が食べたくなります。
蜘蛛歩く

君はだあれ
ささやきばかり聞こえる
君はだあれ

おなかいっぱいかい
旅にでるのか

どの手と繋ごうか
私はひとりだよ


蜘蛛歩いた
最近やっと映画をゆっくり見る時間をつくることができました。
と言いましてもDVDですが。。
実はDVD鑑賞カテゴリーを更新してました。
興味がある方よかったら見てやってください。

そして同じ映画を見た方の感想をぜひおうかがいしたいです!

さてさて
これから見る予定の映画(DVD)です。
「アメリ」
「真珠耳飾りの少女」
「プリティプリンセス」
「ターミナル」
「ドリームガールズ」
「ゲド戦記」
「ヴィレッジ」
「アレキサンダー」
「四日間の奇蹟」

結構あんな(汗

皆様のお奨めをぜひおしえてください!
ちなみに私のいまんとこの一番好きな映画は「キッチンストーリー」です!
『THE 有頂天ホテル』

ダヴィンチコードに引き続き見てしまいました。
私は見る気がなかったのに
旦那ちゃんがどうしても見たいとのことで付き合うことに。。

と見始めたら、もう寝ちゃってるし!<旦那ちゃん

寝んなや!!

と思いつつ映画はダラダラ見るの好きじゃないから
最後まで見ました。

豪華な俳優陣でした。
喜劇映画?なので軽い感じでした。
でもちょっとあれだけの人出てるのにもったない感じ。

個人的にはオダギリジョーさんのあのキャラ、好きです。

一言でいうと
三谷さんは『新選組!』が一番です!!(キッパリ

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
寒い。
まだ陽が昇らず、外はまだ薄暗い

マンションの4階から1階にあるポストへ新聞を取りに向かう。
寝巻きのまま取りに向かう。

ポストにたどり着くと
凍えて縮こまる人がいる
よく見てみるとそれは父だった。
私は驚き外へ飛び出す

雪が深々と降る駐車場で父に腕を掴まれる

「怖い人に追われているんだ。助けてくれ。」
父は必死だ。
よくみると彼の目は潤み睫は凍って白くなっている
泣いていたんだ。

放心状態でいると
遠くから怒り狂う男の声が聞こえてきた
父は私の腕を放し住まいのマンションへ走っていってしまった。


目が覚めた私はとても悲しくなった。
そして怖くて仕方がなかった。
『ダ・ヴィンチ・コード』

またも旦那ちゃんが選んだ映画
旦那ちゃんはトムハンクスさんが好きなのです。
私はこうゆう不思議なものが好きなのでどきどきしながら
見ました。

でも。。ちょっと物足りなかった
トムさん扮するラングドンの暗号解読の能力?とか
子どもの頃トラウマとかの繋がりがさっぱり見えてこない。。
原作はもっと面白いのだろうか?

ソフィ役の女子が可愛かった
アメリの子だったんですね。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
20080208215946
イシスカラビラッミット☆
翡翠のブレスレットがはじけた
北海道の知人のセラピストさんに作っていただいた2連の翡翠のブレスレット

守ってくれる、力を開かせてくれるそのブレスレットは
一連だけきれいに残してはじけました。

いったいどういう意味なのだろう?
守ってくれたのかな
おわかれの時期なのかな?
新たな一歩を踏み出すその時なのかな?


石の先生たち教えてくださいまし!
私が立っているこの丘から海が見える
海から吹いてくる風は心地よくて懐かしい匂いがした


この町に越してきたばかりの私は探検しようとわくわくしてる

小さな野花が咲く道
道と言っても家と家の隙間
勝手に通っていく
柵があったり身体を傾けないと通れないような道を抜け
たどり着いた一軒の家

白いペンキで塗られた木製の家
とても可愛らしい家で
気に入ったのでちょっと庭に入ってみる


玄関のそばには人馴れした猫がいて
抱き上げてふと見てみると、勝手口が開いていた

そこからなんともいい匂いがしてきた
勝手口を覗いてみると女性がパンを焼いているではないか
白と青のストライプのエプロンをして
まあるい帽子をかぶっている女性は
ひとりなのに微笑みながらパンを焼いている

しばらく覗いているとうしろに人の気配がして振り向くと
数名の人たちがどんどんやってくる
パンの焼き上がりを待ちかねてやってきたようだ

『ここのパンはとってもおいしいんだ』
初老の男性が我が事のようににこやかに私に話しかけてきた
ここにいるみんなはほかほかのパンをまだかと笑顔で待ってる
そしてみんなで楽しくお話をしてる
パンの焼き上がりがまるで待ち合わせのように

この風景を見て
私はずっとこの町に暮らそう。。そう思ったんだ。


昨日見た夢です
いい夢だったなぁ。。
『硫黄島からの手紙』

旦那ちゃんチョイスの映画
旦那ちゃんは戦争映画とシュレックが好き
映画ではあまり好みが合わない
涙うるうるとかメッセージを受け取るとかできなかった
戦争は悲惨だということぐらい。。

あれメッセージ受け取ったのか??

戦争は美しくない
勝つことが素晴らしいとも思わない

硫黄島からの手紙
最近テレビで有名な冷凍食品たち。

おなか壊したくないね。怖いね。

我が家の冷凍庫にもいくつかその食品たちがいます。

ニュースを見ながら旦那ちゃんと話していたのだけれど
『昔は電子レンジなんてなかったよね』

ということだった。
あれ?昔ってどうしてたっけ?
と思うと普通に食生活を送ることができていたな。。と。
いや電子レンジが悪いとかではなくて
昔はレンジなぞなくとも食べる分だけのごはんをつくる
知恵を働かせていたんだなぁとしみじみ思ったのです。

ニュースでは食料自給率がなんやらと言っているけど
深刻なのかもしれないけど
なにか私の心に響いたのは
おいしい。おいしい。って、ありがたいありがたいって
食事をいただくということだった。

日本は豊食すぎるから
もっと大事に大事に食べたらいいんだと思う。
もっと大事に食べろ!私!
『モンスターズ・インク』

伊勢神宮へ行く車のナビで見ました。
サリーかわいいね。
こうゆう毛のふさふさしたのに弱いです。

モンスターズ・インク

『Mr.インクレディブル』

普通だった。
アメリカさんのアニメって勧善懲悪というのが多い気がするのは私ですか?

Mr.インクレディブル

『シュレック』

旦那ちゃんが大好きな映画。
なぜ好きなのかは謎。
『2』に至っては映画館にまで行ってしまった。
しかもその映画館では吹き替え版しかやっておらず
浜ちゃんと藤原紀香さん、そのまんまだった。
なんで大好きなのかぁ。。

シュレック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。