ドラミンのビタミン

思ってること好きなこと書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
egipt45.jpg


これに乗ってお墓があるところまで移動しますよー
スポンサーサイト
egipt44.jpg


着いた!
ここです!
って言ってもわからないですよね。
私もこの画像見てもどこかわからないもの。

王家の谷です。
吉村教授の家は王家の谷の近くにあるんです!
すごいですよね。
さらに吉村教授の家のすぐ近くには
あのハワードカーター氏の家があるんです。
(ツタンカーメンの墓見つけた方です。)

やっぱり教授はカーター氏を意識しているのかしら。。
昨日、祖母から電話があった。
egipt43.jpg


あるところに向かう途中におうち発見!
教授ったらこんなところお家建てちゃうなんてすごいなぁ。。
子供の頃教授の弟子になりたかったよ
教授のお家の近くにはとある方のお家もある。

そのこたえは明日のエントリーで♪
みんな知っているかもしれないけどね。
egipt42.jpg


メムノンの巨像から離れて次のところに向かう
その道すがら知らなかったことを見る
まだまだ文明の欠片たちが埋まっているということ


かたちになっているもの
かたちになっていないもの
たくさんあるんだよ

このぼやけた写真
個人的に好きです
まるで夢の中にいるみたい
egipt41.jpg


みんなは、、これを見てどう感じますか?

egipt40.jpg


メムノンていうのはギリシャの伝説のメムノン王から
きているんだって。
でもアメンホテプ3世の像なんだって。
エジプトなのに誰かがそうやって呼ぶようになったのかなぁ。
意外と普通の市民だったりして。。
egipt39.jpg


一度携帯版でこれをエントリーしたけど
やっぱりデジカメのほうがきれいね。

いやぁ何回見てもでかいなぁ
こうなにか。。感じるものがあるねぇ

ちなみに携帯で撮ったほうはこちら→メムノンの巨像
egipt38.jpg



ルクソールの風景
カイロとの違いが一目瞭然でした。
何もない
遠くまで見える
ここに住んだら視力あがりそう。
egipt37.jpg


カイロからルクソールまで何時間飛行機に乗っていたか
忘れちゃったけど、空港に着いた頃眩しい太陽がのぼってきてた。

空港からまた車で移動。
写真はあんまりよくないけれど紹介。
聖なるナイルです。
egipt36.jpg



カイロからルクソールまで飛行機で向かいます。
えーと。。早朝3時起きです(汗
眠いよ。。眠いよ。。
筋肉痛だよ。。(涙
そのため空港へ向かうまでの車の中で
持たされたお弁当を食べることに。

あれを思い出したよ。
ラピュタのパズーのごはん。

パ、パズー!!
egipt35.jpg


エジプト1日目最後の写真です。
わかるかなぁ。
見づらいかもしれませんが、ピラミッドです。
ライトアップされたピラミッド。
夜には光と音のショーというものが催されているそうです。
私達はそれを遠くから見ることができるレストランのテラス
でバーベキュー。。
エジプトとはいえ冬。寒かったよ。。


さて次からはお待ちかね(?)の古都ルクソールへ行きます!
egipt34.jpg


ハンハリーリ市場を出て夜ごはんの時間まで
果物などが売っている市場を散策してきました。
日本じゃ、あんまりこういうの見ないですね。
ていうかない?
egipt33.jpg


時間があったのでそのカフェでお茶をすることに。。

ミントティです。
ミントの葉っぱがいっぱい入ってたよ

egipt32.jpg


モスクの後に着いたところは
ハンハリーリ市場
ここでは客引きが多くてゆっくり写真が撮れなかったです。

カフェで撮った一枚
『愛の話 幸福の話』美輪明宏

これはねぇ。。本当にお奨めなんです。
というか出会う時に出会っていただきたい本です。

私はこの本を買ってしばらく読まずにいたんです。
本棚にしまっておいたのですが最近読書がまた楽しくなってきて
今になって読みはじめたんです。
そうしたらもう今の自分に必要な言葉でいっぱいで。
「う、うぉー!」ってなりました。笑。まじで。

愛のひとつのことに対して美輪様はこうおっしゃってます。

「底を見たらカラカラでひび割れているような井戸では
 、水はくめません。人に与えようと思っても無理な話。
 井戸の中を枯らしてなるものかという自分に対するい
 たわりと優しさ、慈しみに裏打ちされた誇りと意地が
 あれば、ひび割れた底は水で満たされ、どんどん人に
 与えようという気持ちになるのです。。そして愛のパ
 ワーはあふれ出すのです。」

恐れ多くも抜粋させていただきました。



愛の話 幸福の話
egipt31.jpg


モスクを出て次の場所へ向かいます。
車中から撮ってみた。

色々ぶらさがってる。
みかんとー
りんごとー
バナナとー
にんじーん
突然ですが小休憩
egipt30.jpg


この景色を眺めて
モスクからさようなら
感動をありがとうです。モスクさん
egipt29.jpg


モスクの外へ出ました

高いなぁ
egipt28.jpg



モスクの中での画像はこれで最後です。
結局天井ばっかりだったなぁ。汗。

egipt27.jpg



今は電気だけど
昔はろうそくの火ですべて灯っていたんだって

やわらかいともしびの中で礼拝をしていたんだろうなぁ。。

素敵だね
egipt26.jpg



あぁ天井高い、高い、高い!
すっごくテンション上がってまた天井ばっかり撮ってました。

だってさぁすごいですよ。
天井にこんなに細工してあって。
いやぁすごい!
egipt25.jpg



いやぁ。もう言葉はいらないでしょ。
みんなに大きい画像で見せたかった
egipt24.jpg



ネットで調べたら、これは「ナイルメーター」というものらしい。
ナイルメーターって何?

ガイドさんは手を洗うところだって言ってた。
今は礼拝する場所として使われていないから水がでないとのこと。

日本なら神社で手を洗うのと一緒なのかもですね。
egipt23.jpg


この広さが素晴らしくて素敵で
つるつるのこの床の上で走ったり飛んだりしてきました。
最近は不思議な夢をみるなぁ。
もしかしたら寝る前に読む美輪さんの本が
心を素直にさせ
そういったものを受けやすいのかもしれない


今回の夢は久しぶりに
意味深な感じです。。
ejipt22.jpg



モスクの中庭です。
あぁ、この広さがたまらん!笑。
根っからの文系なので、こういうデザインに
歴史に本当にどきどきしちゃって
ニコニコしちゃって楽しいのですよ!

ちなみに奥にある時計台はムハンマドさんがルクソール神殿
にあったオベリスクをフランス政府に贈ってお返しに貰った
ものらしい。
現地ガイドさん曰くこの時計台は貰った当初から壊れいたそう。
ガイドさんは少し怒ってたかな。

そうそうそのオベリスク、今もフランスのコンコルド広場に
あるらしいですよ。み、みてえ!!

ジャックさーん、フランスにオベリスクありましたか??


久しぶりに不思議な夢を見た。

私と私の家族はあるリゾート地で暮らすことになった
それがどこであるのかわからないのだか
色鮮やかな建物や背の高い建物がならんでいる、そんな町だった。

ejipt21.jpg



屋外に接している廊下?
その天井

こういう奥行きに
こういう高さに
いつもドキドキしてしまいます
最近の建物の作りにはあまりないですよね

めっちゃ天井ばかり撮ってました。私。笑。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。