ドラミンのビタミン

思ってること好きなこと書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『陰陽屋へようこそ』天野 頌子

どっかの書評で、本読んでストレス溜めた
くない方にお奨め!って書いてたけれど
本好きの私にとってはストレス感じまくり
の一冊でした。
「陰陽屋」という響きはなんだか素敵なのに
中身なくてガッカリ。
キツネキックやらパンチやら(汗
キツネのことを隠したいのか隠したくないのか、
よくわからない世界観でした。

陰陽屋へようこそ

スポンサーサイト
『小公女』バーネット

主人公のサアラが強い。精神強い。
テレビの名作劇場のイメージが強くって
ものすごく可哀想なお話だと思ったら
サアラが強いから、そんなに悲しくなかったな。
時代も時代かサアラはお嬢様に戻ったけど
ベッキーはあくまで使われる身なんだなぁ
としみじみ思いました。

小公女

『年下恋愛』梅田みか

ドラマにあるようなお話でした。
女の恋愛観というか。。
イマイチ共感でき
ませんでした。

年下恋愛
『ドライブイン蒲生』伊藤たかみ

あまり印象に残っていない本です。
暗い。。真っ暗い脳みその中見ているみたい
だったのは憶えてます。

しかし伊藤さん、男性だったなんて
(知らなかっただけだけど)ショック。
女性作家だと思って買ったのになぁ。

ドライブイン蒲生
『キャベツの新生活』有吉 玉青
2回読みました。
読みましたけど、?しか頭に浮かばず面白くなかった。
はっきりしない結末が更に後味が悪かったです。

キャベツの新生活

『探偵伯爵と僕』森 博嗣

今集めているミステリーランドシリーズのもの
豪華執筆陣に素敵な装丁それだけでドキドキしています。
森さんの作品は初めてですし児童向けということで
どうかなぁと思いつつ読みましたが充分楽しめる内容でしたし
その後の主人公はどうなったかなぁと想像までさせていただきました。
大人向けの他の作品も読んでみたいです。

探偵伯爵と僕 (ミステリーランド)
『なめこインサマー』吉田戦車

私の敬愛する吉田戦車大先生のエッセイ
表紙のイラストが私の心をときめかせてくださいます。
でもエッセイなら吉田自転車が一番お奨めします

なめこ・イン・サマー
『東京タワー』江國 香織

好きな人には申し訳ないのですが、、
面白くなかったし共感もできなかった
映画化にもなっている作品のようですが
どこがいいのかわからない

ブックオフに売りました。

東京タワー
「おにごっこ」山下定

昔ふいに本が読みたくなり家の近くの古本屋で適当購入したもの。
特別面白くもホラーなのに怖くもありませんでした。

もう読まないので人に差し上げました。

おにごっこ (ハルキ・ホラー文庫)
『ぎゅっとグレープフルーツ』

本当にぎゅって感じ
果肉というより
つぶつぶの果粒入ってますって感じ



gyu.jpg

8月6日、60年前
ヒロシマに原爆が落とされました。

ここ数日、特別番組がTVで放送されていて
いくつか私も見ました。

何をもって善とするか
何をもって悪とするか

それぞれの立場で価値観で善にも悪にもなるわけで

何を知っていくのか
何を伝えていくのか
何を考えていくのか

真実をつきつめることなんてできないだろうけど

…うまく言葉にできなくて恥じますが
ただただ子供の頃に教わったことを忠実に守りたいと
思うばかりです。
『黒豆黒ごまヨーグルト』

正直言います。
私は好きじゃないですこの味。
ヨーグルトという味わいではないと思います。
3連パックがつらいです。

kuro.jpg

時間があったら修行とかしてみたい
お寺とかで精神鍛えてみたい
いや、鍛えるというか「無」を感じてみたい

というか感じてみたいとか言ってる時点で欲だよね。。
結局は煩悩だらけ

いっかそれでも。

kuma7.jpg

『バイオハザード II アポカリプス』

人気ゲームシリーズの映画化のもの。
ゲームの内容知っているせいか面白かった。
ゲームのキャラクターのジルも登場。

あのゲームは怖いから自分でプレイできないので見る派ですが。
いつも「逃げてー」とか言ってます。隣で。


/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(2005/01/26)
Amazonランキング:3,065位
Amazonおすすめ度:

最近よく思うことがある。
結局は何事も
「やる」か「やらない」かの違いなんだよね。

ものすごく気がつくのが遅い私。
でも気がついた時はものすごく気持ちがストンと楽になった。

やはり考えるということは大切なことだ。

piyo2.jpg

『キッチン・ストーリー』

もー!!!
大好きです。この映画。
今まで見てきた映画で1番になるかもしれないぐらい好きで
人におすすめしたいぐらいに大好き。

ノルウェーとスウェーデン合作の作品で
家庭化学研究所の調査員と調査対象の独身老人の
ふたりのふれあいの物語。

序盤はぷぷって笑えるシーンが多いのだけど
だんだん二人が仲良くなっていって心のふれあいが見えてきて
決して泣かせるシーンではないのに私は泣いてばかりいました。
もうね、小さなことなんだけどねささやかなことなんだけどねほんとに
微笑ましくってなんだか泣けてきてしまったんです。
愛おしいんですふたりが。

公式HP
キッチンストーリー



/ エスピーオー(2004/11/05)
Amazonランキング:7,820位
Amazonおすすめ度:
静かでジンワリ・・・そしてお腹がグー
ゆっくりとしたペースが心地いい
ほのぼの



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。