ドラミンのビタミン

思ってること好きなこと書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、『近代能楽集』を観てまいりました。

「卒塔婆小町」と「弱法師」の二つのお話。
あの三島由紀夫氏の作品で演出は蜷川幸雄氏。

たくさんの演劇を観ていない私ですが
心奪われるほどの舞台であったことは
紛れもない事実であり
舞台なのに現実に起きているようで
私の頭の中は真っ白で
変でしょうけれどまるであの舞台の中に自分がいるような
錯覚を起こしました。
それほどまでに引き込まれる内容でした。

卒塔婆小町で詩人を演じた高橋洋さんは
老婆に恋する姿がとても素敵で
洋さんの言葉を声をもっと聞きたいと思ってしまった。
ロミオとジュリエットの時も素敵でしたし
今度また出演なさる舞台を絶対観にいこうと思ってます。

弱法師での藤原竜也さんは。。
「なんなんだこの人は。いったい。」と
思ってしまった。
だってすごいんだもん。
ドラマやロミオとジュリエットでの竜也さんしか知らないので
あんな演技をする人だと思っていなかった。

しつこいけど、すごい。

すごいとしかいいようがないんだよね。
狂気に満ちそれでいて甘美で
観ているうちに俊徳の狂気が正しい世界に見えて
目が離せなくなっていく
やめられない麻薬のような俊徳

それを演じきった藤原竜也氏。
もっと貴方を観たい知りたいと思ってしまいました。
再演があったなら再度観たい作品です。
スポンサーサイト
去年から少しずつはまりだした舞台
今年もたくさん観るぞ!

リア王
レ・ミゼラブルコンサート
ミス・サイゴン
ロミオとジュリエット
髑髏城の七人(アオドクロ)
走れメルス

月1観劇目標!


ちなみに今月は藤原竜也さんの弱法師を観ます。

東京楽日だ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。